きらめき不動産株式会社

トップインタビュー

シェア  

「社員の幸せを追求する会社でありたい」
28歳で不動産業に入った社長が作った「らしくない」不動産会社

御社の事業について教えてください。

弊社は収益用不動産の売買や管理、不動産の価値を高めるリフォーム・リノベーションの提案を行うことで、不動産という投資商品の価値を最大限に活用する手助けを行っています。

創業当初はワンルームに特化した不動産売買業を行っていましたが、現在は一棟もののアパートも取り扱うなど、時代のニーズに合わせた不動産物件の提案を続けています。

後藤社長は前職も不動産売買業を行っていたとお聞きしましたが、もともと不動産に興味があったのですか?

たしかに前職は不動産会社にいましたが、もともとはさまざまな企業を転々としていました。

大学卒業後に1年間ワーキングホリデーでオーストラリアに渡り、その後日本に戻ってからは旅行会社で添乗員として働きました。

それからIT企業のコールセンター働いたり、サーフィン系のメディア制作会社や医療系会社、証券会社などといったさまざまな業種の企業に勤めたあと、28歳のときに投資用不動産の売買を行う会社に入ったのです。

そこで不動産の魅力に気づいたわけですね。

大学生のときに就活していたときもパナホームを受けていたのですが、そのときは不動産業で働きたいと強く考えていたわけではありませんでした。

ただ、証券会社で働き、その後に不動産会社に入ったとき、なんとなく自分の肌に合っているなという感じがあったんです。

不動産は証券投資と違い将来の価値予測が不安定でないという点と、当時入った不動産会社が仕事をたくさんやらせてくれる会社だったというのがよかったんだと思います。

証券会社の営業時代は顧客にモノを売った後のやり取りはすべて別の担当だったのですが、不動産会社では顧客開拓から契約書の締結、アフターフォローまですべてを自分一人でやっていました。

そのため、しっかりと不動産を売っているという感覚を持つことができましたし、いつでも独立できるくらいに個人としての技量も高めることができました。

そして、その延長で独立したというわけですね。

ええ。

ただ、実際に独立して起業してみると、苦労することもたくさんありました。

不動産業はサービスで差別化することが難しいので、営業マンの営業力に依存してモノを売るという企業がほとんどです。

しかし、それでは働く社員も辛いことが多いですし、会社としてもなかなか成長できません。

そこで、当社はアセットマネジメント最高峰の国際ライセンスCCIM(事業用不動産投資顧問)とプロパティマネジメント最高峰の国際ライセンスCPM(不動産経営管理士)を取得し、顧客に対してコンサル的なアドバイスを提供できる体制を作り上げています。

入社した社員には「キャリアパーソン」という資格の取得を支援するほか、宅地建物取引主任者の資格取得のために会社で費用を負担して通ってもらうなど、さまざまな資格取得援助も行っています。

不動産会社というと力押しの営業というイメージを持つ人も多いかもしれませんが、当社ではそうした無理のある営業をしなくてもしっかりとモノを売れる力がありますし、すべての社員がそうした力を持てるように教育制度を作り上げています。

よくある不動産会社のイメージとは違うというわけですね。

不動産会社というと辛く、夜も遅いという会社が多いですが、当社では余計な残業はさせないようにしています。

定時は10時-19時なのですが、19時30分nなると「蛍の光」が流れ、それを合図に全員帰らせています。

社員に無理な働き方をさせるということは、お客様にも無理な営業をすることに繋がりますから、会社としての成長に繋がらないのです。

後藤社長が目指すきらめき不動産の在り方とは何なのでしょう?

社員の幸せを一番に追求する会社であるということですね。

「良い会社」でなくてはお客様に良いサービスを提供することはできませんから。

そして、良い会社であるには、社員一人ひとりが幸せでなければなりません。

社員に経済的な安定があり、夢や意義を実践できる職場であるとともに、自分の仕事に誇りを持てるようレベルの高いサービスを提供できるように成長できる。

そうした会社づくりを行うことで、社員全員が満たされる職場でありたいと思っています。

過酷な環境で生き残るだけの不動産会社ではなく、一人ひとりの成長を助けることで働き甲斐を持てるようになる会社であるということですね。

資格の取得だけでなく、私や先輩社員がマンツーマンで仕事の仕方を教えますし、当社の社員はみんなしっかりと成長できていると思います。

離職率も低く、昨年は親の介護の事情で一名が辞めただけです。

もちろんラクな職場という意味ではなく、たくさんの仕事をすることになりますから、不動産業の仕事は一通りできるように成長できます。

当社の社員の多くはいつでも独立できるくらいに仕事ができる者ばかりですから、将来のキャリアパスを考えて成長したいという人にはぜひ当社で働いてもらいたいですね。

PAGETOP