武蔵コーポレーション株式会社

先輩メッセージ

シェア  

2010年に入社されたとお聞きしましたが、もともと不動産に関心はあったのですか?

父が不動産業を営んでいましたので、不動産に対する関心は幼少からありました。

ただ、大学時代から資格試験に向けてずっと勉強に励んでいましたので、そのころには不動産会社に就職しようとは思っていなかったですね。

やがて勉学と並行して就職活動をはじめるようになったときに武蔵コーポレーションと出会い、入社することに決めました。

神能部長はまだお若いようですが、もう部長という役に就かれているのですね。

部長に任命していただいたのは2015年ですね。

入社後は賃貸の営業を担当していたのですが、もともと物件を見て回るのが好きでしたのですぐに仕事を楽しめていたと思います。

回りの社員も同じように仕事を楽しんでいる者ばかりですから、お互い良い意味で競い合えたんです。

ですから一層仕事に打ち込めましたし、今の立場になれたのはそのおかげだと思っています。

 

会社の好きな部分って、どんなところでしょう?

若い社員であっても何でもやらせてくれる、ベンチャーっぽさですね。

今も管理部の部長として部署の経営状態の舵取りを全面的に任せてもらっていますし、そうした意味で仕事の可能性が大きい会社だと思います。

 

もちろん、責任を与えてもらう分、仕事に対してはシビアに見られます。

ただ、そこで結果を出した者に対してはフラットに評価してくれます。

今は組織的にも業績的にもどんどん拡大し続けていますから、そうした意味でチャンスの大きな会社であると思います。

自身の成長と会社の成長の両方を楽しめているわけですね。仕事における目標などはありますか?

プロパティマネジメントの能力を磨きたい、というのが目標ですね。

若くして業界のトップと呼ばれるような、そんな存在になりたいと思っています。

 

また、部下を成長させるということも目標の一つです。

賃貸管理部の社員は優秀な者が多く、それでいて成長意欲が非常に高いです。

中には私を追い越すと言っている者もいて、彼らがもっともっと成長できるよう、上司としてマネジメントしていきたいですね。

もちろん私も負けていられませんから、もっともっと自分自身を高めていきたいと思います。

PAGETOP